受動喫煙対策に罰則適用――塩崎厚労相が会見

2016.12.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 塩崎恭久厚生労働大臣は、このほど開いた記者会見で受動喫煙防止対策制度化の見通しに関して話し、業界などから反対意見があるものの、厚労省案に沿って罰則付き禁止を押し通す方針を明らかにした。

 受動喫煙防止対策の強化案については、これまでに業界団体からのヒアリングを重ね、その中でとくに喫煙室設置に関する賛否両論の意見が出ている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年12月12日第3092号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ