労基法改正案の確実な審議を――塩崎厚労相が会見

2016.03.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 塩崎厚生労働大臣は、このほど開いた記者会見で、今国会での委員会審議が本格化してきたことから、積み残しとなっている労働基準法改正案の「確実な審議」を求めた。

 塩崎大臣は、先の国会から継続審議となっている案件があり、今後確実な審議を行って結果を出してもらいたいと話した。厚生労働省が今国会に新たに提出した法案は7本あり、労基法改正案を含めいずれも一億総活躍実現にとって大事なものとみている。

関連キーワード:
平成28年3月7日第3055号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ