「合理的配慮」に指針 規定すべき事項決まる 厚労省

2014.06.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、改正障害者雇用促進法に基づく差別禁止と合理的配慮に関する指針に盛り込むべき事項を決定した。賃金決定、教育訓練など労働条件全般において障害者であることを理由とした差別的取扱いをしてはならないとしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年6月23日第2974号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ