取引環境改善めざす 手引き作成して行動促す JAM

2020.02.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 主に中小製造業の労働組合で構成する産業別労組JAM(安河内賢弘会長)は、買いたたきなどを防止し、製品と労働の価値に見合った価格が支払われる社会の実現をめざし、「対応マニュアル」を作成した。チェックシートを用いて、自社の取引環境の現状を確認できる。

 同マニュアルでは、下請代金支払遅延等防止法や独占禁止法について解説している。下請法は、高騰した原材料費、労務費の価格転嫁を不当に認めないことや合理的な理由のない指値発注をすることなどを禁止しており、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年2月10日第3244号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ