最短で1日3時間 「選べる勤務制」を導入 ネクスウェイ

2020.01.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 FAXの一斉送信代行サービスなどを営む㈱ネクスウェイ(東京都港区、松森正彦社長)は、1日3時間勤務や週3日勤務も選択可能な制度「セレクトタイム」を開始した。従来、育児や介護などの理由がある場合は個別に認めてきたが、新たに理由を限定せず利用できる制度として規定化した。希望者には2カ月前に申請してもらい、業務上可能か否か調整したうえで認める。フルタイムへの復帰もできる。

 時短勤務として…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年1月20日第3241号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ