【特別レポート】安全最優先する「企業体質」へ 〝安全は競争力の源〟との認識で 第75回全国産業安全衛生大会in仙台

2016.12.06 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

DSC09696 中央労働災害防止協会は10月19~21日、第75回全国産業安全衛生大会を仙台市で開催した。新たな潮流でもある労働安全衛生の国際規格ISO45001に関するパネルディスカッションでは、経営トップが現場の安全管理に目を向けるとともに、マネジメントシステムを企業体質改善のツールとして有効活用することが重要とされた。また、安全衛生教育分科会の危険感受性の議論では、「危険敢行性」を減らすために、管理者が部下に安全第一の姿勢を見せる職場風土づくりの必要性が強調された。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

[平成28年12月1日付2271号] 掲載

あわせて読みたい

ページトップ