【ズームアップ】建設業の安全衛生活動を促進 「セーフワーク向上宣言」開始!/宮城労働局 建災防宮城県支部

2020.08.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

推進大会開催し参加呼びかけ

 宮城労働局(毛利正局長)と建設業労働災害防止協会宮城県支部(建災防宮城県支部)は「Safe Work 向上宣言」を開始した。経営トップが魅力ある職場づくりの実現に向けた「向上宣言」を行い、企業内外に広く周知、広報することで安全衛生活動の促進を図る。活動を盛り上げるため7月17日には「建設業セーフワーク推進大会」を開催し、事業場に参加を呼びかけた。

 東日本大震災による復旧・復興工事はピーク時に比べると減少傾向にあるものの、社会基盤の整備工事などが三陸沿岸部を中心に多数存在する宮城労働局管内。昨年の台風により…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年8月15日第2360号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ