石綿漏えい相次ぐ 関係機関へ防止要請 宮城労働局

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 宮城労働局(落合淳一局長)は、県内の解体工事現場で石綿飛散・漏えいが相次いでいるとして、このほど関係事業者と公共事業発注機関に要請を行った。事前調査で石綿を確認できていないなど技術的に問題が多いとみて、11月26日に集団指導会を開催している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月3日第2899号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ