30年度労働相談 12年連続して2万件超える 宮城労働局

2019.09.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 宮城労働局(代田雅彦局長)は「平成30年度個別労働紛争解決制度の施行状況」をまとめた。平成30年4月~31年3月までの1年間で総合労働相談の件数は、2万218件(前年度比0.48%増)となり、12年連続で2万件を超えた。

 労働基準法、職業安定法などに基づく行政指導の対象にならない民事上の個別労働紛争に関する相談件数は4738件(前年度比2.49%増)となっている。内容をみると「いじめ、嫌がらせ」に関するものが26.6%と最も多く、次いで「自己都合退職」が13.6%だった。

令和元年9月9日第3224号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ