【特集1】“いいふれあい”の好事例を共有 社長主催安全会議で活動発表 「9つの誓い」社内へ浸透 日揮㈱

2019.12.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国内外で石油精製プラントや発電プラントなどの設計・機材調達・建設工事を手掛ける日揮㈱(略称:JGC)は、毎年7月にSafety Dayを設定し、社長主催の安全会議を開催している。健康・安全・保安・環境をテーマとした会議には全社員が参加。協力会社社員との良好なコミュニケーションから災害防止へつなげる“いいふれあい運動”の好事例を国内外の工事現場が発表するなど、全社員の安全意識を高揚させる場になっている。今年のSafetyDayでは全社員が守るべき行動指針として、「9つの誓い」に取り組むことも発表された。

Safety Dayに意識高める

毎年7月のSafety Dayに全社会議

 社長主催の安全に関する全社会議であるHSSE conferenceは、日揮が定める安全の日にトップのメッセージを発信するとともに国内外のプロジェクトの好事例を共有し、安全衛生について熱く議論を交わす場として続けられている。HSSEとは、Health(健康)・Safety(安全)・Security(セキュリティ)・Environment(環境)の頭文字を取ったもの。

 2019年の「Safety Day」(安全の日)のテーマは、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年12月15日第2344号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ