【特集1】本当に怖い「挟まれ・巻き込まれ」 安全道場で機械災害を〝体感〟 凸版印刷

2019.10.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

発生原因を知り改善策考える

 設備の安全化が進み労働災害を身近で体験した人が少なくなった昨今、不安全な行動の危険さや被災の怖さをどう伝えるか。凸版印刷㈱の「安全道場」では、数々の体感機器を使い、危険を肌で感じ、改善を学ぶ教育を展開している。挟まれや巻き込まれ災害の模擬的な体験を通じ、「なぜ災害が起こってしまったのか」「どうすれば防げたのか」、予防のための知識と災害防止のための改善策を教えている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年10月15日第2340号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ