客観的方法は76%に 労働時間の把握で調査 連合総研

2019.11.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 公益財団法人連合総合生活開発研究所(連合総研、古賀伸明理事長)は、勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート調査の結果を公表した。初めて労働時間の把握方法を調査したところ、76.2%が客観的把握方法を採用していた。

 調査は、首都圏・関西圏に居住し、民間企業に雇用される20~64歳の計2000人に実施した。

 労働時間の把握方法を尋ね、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年11月18日第3233号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ