「参考値」と受止め 組合基礎調査で連合

2012.01.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省が昨年12月22日に公表した「平成23年労働組合基礎調査」について、連合は同日、同調査が震災影響の大きい東北3県分を除いた「参考値」としての推定組織率(18.4%)を算出したことを、そのまま受け止めるとする内容の談話を発表した。

 それによると、組合員数総計は前年比9万3000人減少の996万1000人。そのうち連合組合員は683万9000人と同3万6000人減少。連合シェア率が0.3%増となったことを前向きに評価している。

関連キーワード:
平成24年1月16日第2856号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ