訴訟費用貸付で基金 非正規の労働裁判後押し 連合東京ユニオンが創設

2012.01.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 連合東京傘下で個人加盟できる連合ユニオン東京(須永謙治執行委員長)は、昨年12月の第15回定期大会で、「労働裁判支援基金」の創設を正式に決めた。同年10月に開かれた連合東京の大会で方針が示されていた。

 低収入ケースが多い非正規労働者への裁判資金の貸付が基金の目的で、既存の労働組合員による未組織労働者への支援を具体的な形にした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年1月16日第2856号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ