勧告後に支払い偽る リネンサプライ業を送検 立川労基署

2012.11.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・立川労働基準監督署(毛利均署長)は、サービス残業を行わせていた協和リネンサプライ㈱(東京都荒川区)と同社代表取締役を労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反の疑いで東京地検立川支部に書類送検した。同社は、是正勧告後に残業代を支払ったなどと虚偽報告を行っていた。

 同社は、平成23年6月16日~7月15日までの期間、東大和総合工場に所属する労働者9人に対し、同7月16日~8月15日までの期間は7人に対し、法定の労働時間を超えて労働させたにもかかわらず、2割5分以上で計算した割増賃金298万1075円を支払わなかった疑い。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年11月5日第2895号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ