大手企業向け助成額を縮小 保育所設置費など

2012.10.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、事業所内保育施設設置・運営等支援助成金の大企業向け助成額を減額する方針である。今年6月に実施した厚労省内事業仕分けの指摘を受けたもので、10月中に施行する予定。

 設置費・増築費・建替費の助成率は従来の2分の1から3分の1に、限度額も2300万円から1500万円(設置費・建替費)に引き下げるとしている。

平成24年10月29日第2894号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ