在職者に向けジョブカード 実務者で検討へ

2012.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ジョブ・カード制度を――企業内在職者にも拡大を厚生労働省は、若年者などの雇用促進を目的としてスタートしたジョブ・カードの在職者版を整備するための実務者会議を設置した。

 個々の職業能力を客観的に評価して、必要な訓練を実施し、正社員雇用につなげるのがジョブ・カード制度。現在、職業能力形成に恵まれない若年者などを中心に活用されているが、厚労省では、これを広く求職者、在職者、学生などにも拡大する考え。

 しかし、これまで使用している能力評価シートは、職業未経験者を対象としたもので、在職者用として活用するのは困難となっている。

 企業の人事部長や労使代表からなる実務者会議では、在職者向けジョブ・カードのあり方や活用のメリット、課題などを検討するとともに、スーパーマーケット5社程度を選定して、試行的運用を行うとした。来年2月に報告書をまとめる。

平成24年9月24日第2890号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ