雇用促進税制 税額控除40万円へ拡大 目標17万人に届かず 25年度要望 厚労省

2012.11.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

拡充求める声も多数

 厚生労働省は平成25年度税制改正において、雇用促進税制の大幅拡充を要望している。雇用者増加数1人当たり税額控除額20万円を倍の40万円に引き上げるほか、雇用者増加数を算定する際に65歳以上の高年齢継続被保険者を含めて適用要件をクリアしやすくする。制度創設時は年間17万人が対象となるとみられていたが、実際には10万人程度に留まるため、今後の利用拡大を狙う。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年11月19日第2897号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ