深夜労働で最賃下回る コンビニを重点監督 9割超に労働法令違反 王子労基署

2012.08.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・王子労働基準監督署(野村みどり署長)は、コンビニエンスストアに対する過去3年間の監督指導状況をまとめた。36協定の未締結や就業規則の未作成などを中心に9割超の事業場で法令違反が発覚している。とくに使用者側の法令知識が不足しているのが最低賃金関係で、所定時間が深夜時間帯のアルバイトに支払う時間給が、深夜手当込みで最賃額を上回っていれば問題ないと考えている事業主が珍しくないという。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年8月13日第2884号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ