旅館・ホテル 残業代や休憩でトラブル 6〜7月に集団指導 点検表未回答なら立入へ 大分労働局

2012.07.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大分労働局(久保雅裕局長)は、別府や湯布院などの温泉地をはじめとした旅館・ホテル業に対する監督指導を積極化している。6〜7月に事業主や労務管理責任者向けに集団指導を実施したほか、一定規模以上の事業場には「労務管理自主点検表」を配布。同点検表への回答がない場合は個別訪問による監督指導を行う方針である。「残業代が支払われない」「休憩していないのに賃金から控除される」などの労働相談が多く、ずさんな労働時間管理が浮き彫りになっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年7月23日第2882号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ