雇用促進計画 累計3万件に 税額控除の対象

2012.06.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省の集計によると、平成23年の税制改正で創設した雇用促進税制の適用を受けるために企業が提出した雇用促進計画が、累計で3万件を超えたことが分かった。

 雇用促進税制とは、前年度より従業員を一定以上増やすなどの要件を満たした事業主が、法人税(または所得税)の税額控除が受けられる制度。事業年度開始後2カ月以内にハローワークに雇用促進計画を提出する。

 23年度の雇用促進計画受付総数は2万9883件、今年度4月の受付数は1423件(速報値)に上っている。

関連キーワード:
平成24年6月25日第2878号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ