「非正規」の呼称改めて 正社員多様化に向け 働き方ビジョン打ち出す 厚労省

2012.03.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、今後の雇用労働政策の指針となる「望ましい働き方ビジョン」の骨子案を明らかにした。非正規を中心とする雇用の安定、公正、多様性と企業経営の自由との共存を図っていくことが重要とし、無期・直接雇用への転換促進、正規・非正規間の均等・均衡待遇の促進を強化すべきとした。呼称も「非正規」と一括するのではなく、有期短時間労働者などと雇用形態が明確になるよう変更する必要があるとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年3月12日第2864号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ