労災を交通事故と偽る 池袋労基署が送検

2012.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・池袋労働基準監督署(田谷信介署長)は、交通事故と偽って労災隠しを行った警備会社の木口総合保全㈱(豊島区)と同社の常務取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで東京地検に書類送検した。

 平成22年11月、東京都板橋区の水道管新設工事現場で、同社の警備員が後進してきたダンプトラックに接触し、右足を骨折する休業3カ月の労働災害が発生した。

 同社はトラックのリース元の自賠責保険と自社の損害保険を利用して終業後の交通事故として処理し、死傷病報告を提出しなかった疑い。

平成24年3月5日第2863号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ