管理職が労災隠す 製造会社を書類送検 名古屋南労基署

2018.03.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 愛知・名古屋南労働基準監督署(加藤善士署長)は労働者死傷病報告書を遅滞なく提出しなかったとして、アルミ製造の国内最大手である㈱UACJ(東京都千代田区)と同社の名古屋製造所主任を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで書類送検した。

 災害は平成29年7月1日に発生した。鋳物の製造ラインの労働者に溶けたアルミが飛散、左手首にやけどを負った。災害発生当初、労働者は直属の上司に「大したケガではないので上には黙っておいて欲しい」と要請した。しかし、やけどが治らず病院に行ったところ、皮膚の移植手術が必要と分かった。労働者は7月11~21日まで休業し、入院、手術を受けた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月12日第3152号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ