2社4人を労災隠しで送検 救急搬送に2時間も 木更津労基署

2018.08.28 【労働新聞】

私傷病報告の不審点追及

 千葉・木更津労働基準監督署(阿部裕之署長)は労働災害の発生場所を偽る労災かくしを共謀して行ったとして、業務の発注者、派遣元会社、派遣先会社など計2社4人を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで千葉地検木更津支部に書類送検した。被疑者らはクライアント会社の事業場内で起きた労災を、派遣元会社の敷地内で発生したと偽った労働者死傷病報告を提出した。救急車を呼ぶまでに2時間もかかっているなど報告に不審な点があり、同労基署が調査に乗り出したところ違反が発覚した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年8月27日第3174号5面

あわせて読みたい

ページトップ