介護人材確保へ 就職フェア開く 東京労働局など

2012.02.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局は、介護業界の人材確保を後押しするため、東京都福祉人材センターなどと共催で、「ふくしワーク就職フェアin錦糸町」を開いた。介護関係43施設による就職面接会と、求職者向け講演会を実施した。

 講演会では、社会福祉法人三幸福祉会の藁科智久事務局次長が、同業界の現状や求める人物像を紹介=写真。「介護サービスの利用者やその家族から感謝の言葉がもらえる点がやりがい」と仕事の魅力をアピールするとともに、「明るく、笑顔が自然に出せる人材が望ましい」と述べた。

平成24年2月27日第2862号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ