11%はすでに退職 不妊治療との両立調査 三重県

2020.01.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 不妊治療を受けている人のうち、約11%が治療に専念するためにすでに退職を選択している実態が、三重県の調査により明らかになった。現在仕事を続けている人も、65.7%は両立が難しいとしている。治療中の人の年齢層は30歳代が65.2%と多数を占めた。中堅人材の退職は企業の損失につながるため、人材確保策として、両立支援が求められている。

 両立をサポートする職場の制度については、64.1%が「ない」と回答した。「ある」は20.1%に留まっている。職場に求める支援は77.8%が「柔軟な勤務形態」、63.0%が「休暇制度」とした。

 同県は両立支援推進のため、同県労使団体と同県医師会、三重労働局など6者と連携協定を締結した。職場での理解促進などに協力して取り組んでいくとしている。

令和2年1月20日第3241号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ