【賃金事例】ハートウェル/等級制廃止し賃金表一本化 16の実力ランク設ける

2012.07.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

評価基準は役割責任別で

 ㈱ハートウェル(千葉県千葉市、薮内俊社長)は、等級制度を廃止することで賃金表を一本化し、全社レベルでの個人の位置付けを明確にする「実力ランク制」を採用している。等級に代わり、役職に応じて6段階の役割責任区分を付与し、区分ごとの評価基準を適用して5段階の相対評価を行うもの。賃金表は16の実力ランクに分割しており、ランクの高さと評価結果のマトリクスで昇給・降給を決定する。急激な賃金の変動を伴わず思い切った配置・抜擢を可能にした独特の制度で、現在の実力より高い役職へ登用した場合には、その後より早く大きく昇給させることで、役割責任に見合う賃金水準へ速やかに引き上げることを可能にしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年7月16日第2881号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ