【賃金事例】アイティメディア/価値発揮能力3要素で格付け 成果加味し年2回昇降給

2020.07.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

2年の運用経て接続型へ

 アイティメディア㈱(東京都千代田区、大槻利樹代表取締役社長)では、全社員を価値発揮要望レベルに基づく8段階の等級に格付けする人事制度を運用している。「見立て」「巻込み」「仕立て」の3要素からなる「3I評価」を用いて発揮能力を見極め、昇降格や昇降給に反映させる。賃金については、賞与を含めた年収レンジを設けた。賞与は、目標管理の成果などに基づき金額を決める。2018年の導入時には、いったん重複型を採用し、複数回の評価を経て等級・賃金の適正化が進んだ今年7月、接続型へ移行した。

上位4等級は複線型制度

 同社は、「ITmedia」や「ねとらぼ」をはじめとした、多くのインターネットメディアを運営している。

 現在運用している人事制度は、2018年に導入したもので、激変緩和措置を経て今年7月に移行を完了した。変化の激しい時代に持続的成長を実現すべく、価値創出に貢献した人材をより高く評価する仕組みで、①見立て・構想(インサイト)、②巻込み・調整(インテグレーション)、③仕立て・実行(イノベーション)の3要素から個人の価値発揮能力(3I)を判断し、8段階の等級に格付けている。かつての年功的な人事管理から脱却した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年8月3日第3267号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ