【賃金事例】島田電機製作所/90種の手当で技能習得促す 社内スキル全般を対象に

2012.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

社内スキル全般を対象に 認定者へ月1000~10万円

 ㈱島田電機製作所(東京都世田谷区、島田清四郎代表取締役社長)は、約90種類の資格・技能手当を設け、社員のスキルアップを促している。技能講習やパソコン検定などの公的資格をはじめ、業務上求められる技能全般を対象とし、修得者へ月1000円から最高10万円までを支給するもの。技能によっては、担当業務に直接関係がなくとも認定を受けられるようにし、多能工化を進めて繁忙期の「応援態勢」を充実している。人事評価による昇給以外にも給与アップが期待できる仕組みにより、個人の成長をストレートに処遇へ反映している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年3月5日第2863号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ