【追跡レポ】富士通/メンタルヘルス対策 シニア人材 職場支援スタッフを配置

2012.05.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

健康維持部門へ橋渡し 管理職の相談役・社員ケア

支援スタッフのワーキンググループが勉強会開催

 富士通㈱(東京都港区、山本正巳社長、従業員数・本体2万5134人、連結17万2438人)では、役職離任した55歳以降のシニア人材を活用した「職場づくり支援スタッフ」制度が軌道に乗っている。ラインケアをサポートする役割。現場管理職の相談相手となり、一体となった支援を行うことで管理職の負荷を軽減し、健康で元気のある職場づくりを実現する。メンタル不調の社員の相談役ともなり、普段と違う兆候があれば声をかけ、健康推進部門へ橋渡しする。これまで46人が任命され、元職場を中心に全国拠点で活動中だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年5月14日第2872号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ