シニア人材 若手育成や悩み相談で活用 多忙な管理職を支援 企業活力研究所が提言

2012.05.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

同世代向け商品開発も

 企業は高年齢層の特性を生かした活躍の場と役割を提供すべき――㈶企業活力研究所(廣澤孝夫理事長)は、高年齢層の効果的な活用方法を提言した「シニア人材の新たな活躍に関する調査研究報告書」をまとめた。ライン管理職が多忙になるなか、若年者の育成や仕事上の悩みの相談対応など、丁寧な職場サポートの役割が期待できるとした。また、日本社会の高齢化によって拡大するシニア向け市場の商品・サービス開発業務などでも力を発揮するとみている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年5月21日第2873号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ