【フォトレポート】空港工事現場を合同パト 見える化困難でも声かけ徹底/千葉労働局成田労基署&成田国際空港建設工事安全衛生協議会

2019.08.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

優良現場の工夫に学ぶ

 千葉労働局と成田労基署は6月14日、成田国際空港建設工事安全衛生協議会と合同で空港工事の安全パトロールを行った。見える化表示の難しさなど空港特有の事情があるなかで安全管理を徹底し、無災害を続ける現場の取組みを確認。重機との接触を防ぐための安全バーの設置や合図と声かけによる細かなコミュニケーションなど現場の取組みを評価した。

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年8月15日第2336号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ