【フォトレポート】ANA/整備士にVRで安全教育 転落体感し危険予知能力向上へ

2020.04.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

作業を振り返り危険を学ぶ

 

 全日本空輸㈱(ANA)は、整備士の労働災害ゼロを目指し、安全体感教育にVR(バーチャル・リアリティ)を導入した。「ANA VR Safety Training System」と名付けたVR教育は、作業中に危険な行動をとったときに何が起こるかを疑似体験することで、危険予知能力の向上を図るのが狙い。格納庫での航空機整備作業を再現し、過去の労働災害事例を踏まえた作業状況を設定している。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年5月1日第2353号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ