【フォトレポート】熱中症対策 職場で予防行動の啓発を

2022.07.26 【安全スタッフ ズームアップ・スポット・トピックス】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 平年以上の猛暑が予想された今夏、早い時期から熱中症への注意を呼びかける姿が各所で見られている。WBGT値の測定勧奨や屋外作業が多い建設業への注意喚起、職場内で対策を推進する人の育成など、予防行動を啓発する動きが目立った。

日常的にWBGT値の測定を 千葉労働局が啓発運動

 千葉労働局(江原由明局長)は、暑さ指数把握を推進するため「チェック・ザ・WBGT値プログラム」を推進している。熱中症による死亡災害の多くでWBGT値が計測されていないため、発症リスクが高まる夏季に、職場で日常的にWBGT値を測定するよう啓発を行っている。

 労働局と管内の労働基準監督署に測定機器を備え、6~9月に希望者にWBGT指数計の展示・実演をしているほか、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年8月1日第2407号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。