育児中の退職勧奨で和解 救済申立てを取下げ クスリのアオキ

2019.07.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

支配介入防止へ協定書

 北陸地方を中心にドラッグストアを展開する㈱クスリのアオキ(石川県白山市)と企業別労働組合のクスリのアオキユニオン、上部団体のUAゼンセンの3者は、東京都労働委員会において和解し、育児中の従業員に対する退職勧奨に端を発する問題に決着を付けた。同社と同労組は、今後において良好な労使関係を構築していくことや、支配介入の防止などを盛り込んだ和解協定文書を1カ月間、同社のイントラネットで閲覧できる状態にすることなどを確認している。これを受けて、同労組は6月27日、都労委への救済申立てを取り下げた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年7月15日第3217号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ