【今週の視点】今年の新人どう育てる? メンター制に一工夫

2012.05.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

震災で「絆」の大切さ実感

 今年の新入社員を、前例のない厳しい就職戦線を生き残った「奇跡の一本松型」と日本生産性本部が命名。多くの若者たちが復興へのボランティア活動などを通じて、人間関係の「絆」の大切さを実感した。そうした新人たちをどのように育成していくのが効果的か、企業事例を参考に考えてみたい。長期勤続志向へ回帰している今、メンターの存在が欠かせない。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年5月14日第2872号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ