【今週の視点】新人育成法で新潮流?

2013.05.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

メンター任せにしない 複数支援態勢を確立へ

 「時間短縮型就活」第一期生の新人が職場に配属された今年、日本生産性本部が命名した新人のタイプは「ロボット掃除機型」。効率的に動けるが、プレッシャーに弱く、現場のフォローが重要になるとしている。望ましい育て方について考えてみたい。従来型のメンター制度から、担当者任せにしない複数支援態勢を確立して成功している企業事例が注目される。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月13日第2920号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ