【今週の視点】建設業 就業履歴システム始まる 処遇改善へ普及カギ

2019.04.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

働き方改革実現も手助け

 建設技能者一人ひとりの就業履歴や保有資格を業界統一ルールの下で登録・蓄積する「建設キャリアアップシステム」の本運用が、今月から始まった。建設業での人材確保に向けて、技能と経験に応じた適正な評価・処遇を受けられる環境を整えるのが狙い。入退場時刻が記録でき、長時間労働是正への活用も期待される。国交省などは初年度に100万人の登録をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月8日第3204号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ