【今週の視点】建設業 社保加入徹底へ最終局面

2016.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

2次下請以下がカギ 処遇改善の第一歩に

 国土交通省が建設技能者の処遇改善と人材確保を目的に平成24年から進めてきた社会保険未加入対策が、山場を迎えている。保険加入率は着実に高まっているが、2次下請以下の加入率上昇や、加入逃れのための不適切な「一人親方化」の防止が課題になっている。さきごろ改訂された「下請指導ガイドライン」の取組みを企業が徹底できるかどうかが課題解決のカギを握る。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月5日第3079号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ