【今週の視点】先端人材の育成に効率化を 2年後5万人が不足

2018.11.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

別分野では人材像共有も

 AI等の先端分野において、急ピッチで人材育成が進んでいる。専門人材の不足は早くから懸念され、2020年にはニーズが17.7万人まで高まり、4.8万人が不足するとの推計もされていた。一方で人材不足が先行する情報セキュリティ分野では、大手ベンダー3社が効率的な教育態勢づくりを意図し、共通人材モデルを広く公開するなどの動きも起きている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月26日第3186号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ