【今週の視点】キャリアモデルの共有を

2013.04.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

望まれる明確な指標 組織重視でニーズ高まる

 スリムな組織が標榜され、効果的な人材配置や仕事と報酬の連動性が強く求められるなか、人材管理にも明確な指標が望まれている。入社数年後の未来を提示するキャリアモデルは、自身が成長できる環境を望む学生を惹き付け、組織のニーズに即した人材育成を進めるよすがともなり得る。将来への約束がままならないからこそ、個人と組織の間で指標を共有したい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月15日第2917号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ