【今週の視点】経営と両立可能なルールを

2017.08.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

介護業へ昇給制確立 15年改定の余波続く

 介護労働者の定着・拡大に向け、昇給制度確立を促す政策が推し進められている。職場定着支援助成金では、制度整備を対象とした介護事業向けのコースが設けられ、処遇改善加算では新たなキャリアパス要件として追加された。実態調査からは「収支次第」とせざるを得ない事業者の本音も滲むところで、経営と両立可能な制度の普及が望まれる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月26日第3126号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ