【今週の視点】建設現場の火災に用心 溶接で火花が飛散 

2021.11.17 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

作業場所は整理整頓を

 空気が乾燥し、火災が発生しやすい季節となった。とくに建設現場では、溶接作業時の火花が飛散し、可燃物に燃え移るのが原因で火事が起きるケースが報告され、注意を必要としている。消火器具の配備や不燃ボード、不燃性シートなどによる遮蔽を行うとともに、火気作業を行う場所周辺には資材などを放置しないなど整理整頓に心掛ける必要がある。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年11月15日第3329号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。