実習生に日本語研修 期間途中での帰国防止へ 静岡県・全国初

2016.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 静岡県は、県内企業が受け入れる外国人技能実習生を対象にした日本語研修をスタートさせた。1年目の実習終了時に課される「技能検定基礎2級」を受検する者に日本語研修を実施することで検定合格率を向上させ、期間途中で帰国しなければならない実習生を減らしたい考え。同県によると、自治体による日本語研修は全国初となる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月19日第3081号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ