1日8000歩にコイン 健康増進へ“仮想通貨” ロート製薬

2019.03.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ロート製薬㈱(大阪府大阪市、山田邦雄代表取締役会長兼社長)は、社員が健康増進活動をした際に社内通貨を付与する制度を開始した。肥満率低下など、社員の健康に関する数値目標を掲げており、実現を後押しする狙い。

 社内通貨の名称は「ARUCO」。コインを付与する健康活動には、1日8000歩達成と早歩き20分、30分以上の運動を週2回実施、非喫煙――などを設けた。それぞれ順に、1日20コイン、毎週50コイン、毎月500コインを与える。

 歩数などは、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年3月11日第3200号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ