健康増進へ「推進室」 アプリ使い栄養士が指導 レオパレス21

2018.05.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱レオパレス21(東京都中野区、深山英世代表取締役社長)は今月、臨床心理士などの専門家が常駐する社長直轄の組織「ヘルスケア推進室」を立ち上げ、社員の心身両面の健康支援対策を強化した。食生活改善プロジェクトなどに取り組む。

 同プロジェクトは、希望者に対して有料アプリを使用した管理栄養士による食生活のコーチングを実施するもの。「今夏をメドに始める予定」(広報)とした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月21日第3161号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ