公労使が共同宣言 交通抑制やテレワークで 東京

2019.02.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 テレワークなどの働き方改革を推進――東京都は、「公労使による『新しい都市』実現会議」を開き、東京商工会議所や連合東京など労使団体とともに、働きやすい都市づくりに向けた共同宣言を採択した。2020年東京五輪を契機に、テレワークの推進や効率的な物流の実現、生産性の向上を通じて、すべての人が生き生きと働き、活躍できる社会を実現するための取組み(スムーズビズ)を推進するのが狙いだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月25日第3198号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ