気温の急上昇で熱中症対策要請 宮崎労働局

2016.08.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 宮崎労働局(元木賀子局長)は、同県建設業協会など80団体に対し、熱中症対策徹底の緊急要請を行った。今年7月中旬以降、急激に気温が上昇し猛暑となっているためで、熱中症対策の要請は3月、5月に引き続き今年3回目になる。

 同労働局が新たに作成したポスターの掲示やリーフレットの配布を求めた。6項目の自主点検表も示し、休憩場所を整備したり、労働者に水分、塩分補給をさせるよう要求している。

関連キーワード:
平成28年8月8日第3076号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ