【賃金事例】カインズの新コース制/4年目から異動範囲限定も 従来は30歳まで全国型のみ

2019.01.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

格差確保へ2種類の手当

 ホームセンター大手の㈱カインズ(埼玉県本庄市、土屋裕雅社長)は今年3月、入社4年目から選択可能なリージョナル社員コースを追加する。海外勤務もあるナショナル社員に対し、異動の範囲について全国を4つに分けたブロック内に制限するもの。人材管理上、入社後7年間を集中的な育成期間と位置付けるなかで、従来は30歳まで勤務地限定の選択肢がなかった。遠方への配転がない区分を設けることで、成長過程の若手に多様なワークライフを提供する。処遇面では新たに2種類の手当をつくり、コース間の格差を確保した。ナショナル社員に「選択手当」を支給する一方、実際に自宅等を離れて勤務している人材に「隔地勤務手当」を加算する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月4日第3195号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ